試してみよう!不眠症の改善方法5選

寝つきが悪い、眠りが浅いなどの不眠症の症状に悩まされている人は少なくありません。できるだけ自分で解決できる方法を知りたいという方のために、今回は不眠症の改善方法を5選集めてみました。
始められるものから試してみましょう。

①毎朝同じ時間に起きて、太陽の光を浴びる

毎朝同じ時間に起きて、太陽の光を浴びる

不眠症を改善するための第一歩として挙げられるのが、就寝・起床時間を一定に保つ事です。
人間には体内時計が備わっていて、地球の自転24時間と同調しています。
就寝や起床時間にばらつきがあると体内時計のリズムが狂い、不眠の原因に。そして起床し太陽の光を浴びると体内時計がリセットされ、1日の活動スイッチがオンになります。
活動スイッチが入った14時間後に、メラトニンという睡眠ホルモンが分泌され、自然と眠気が現れるように人間の体はできているのです。

②寝る前にスマホやタブレットを触らない

寝る前にスマホやタブレットを触らない

スマホやタブレットのブルーライトはメラトニンの分泌を抑制してしまいます。
1時間の間スマホ・タブレットを見続けると、エスプレッソ2配分の覚醒作用がある事が分かっています。
日ごろからスマホなどを触る癖がある人は気をつけなければなりません。就寝の2時間前から控えましょう。

室内の明るさも睡眠に関係します

室内が明るすぎるのも睡眠の妨げとなってしまいます。蛍光灯の光でも、明るすぎれば脳が昼だと勘違いし、覚醒してしまうからです。夕食をすませたら間接照明に切り替えるなどの工夫をするのがオススメです。

③軽めの運動を取り入れる

軽めの運動を取り入れる

体を動かすと疲れを生むため、その疲れによって心地よい睡眠を誘います。不眠症を改善するには軽めの運動がよいでしょう。
体が疲れきってしまう程のハードな運動は、逆に眠れない状態を作り出してしまうためです。
「National Sleep Foundation」によると、午後に運動すると寝つきが良くなり、寝る直前の激しい運動は逆効果であると説明されています。
軽いジョギングやウォーキングなど自分に合った運動法を見つけましょう。

④寝る前にリラックスタイムを設ける

寝る前にリラックスタイムを設ける

寝る前にリラックスする時間を作り、心と体をほぐしていきましょう。
寝付きを良くするには副交感神経を活発にすること。副交感神経はリラックスした状態の時に優位となる神経です。
副交感神経を活発にする方法は以下があります。

・アロマやハーブティーを楽しむ
アロマオイルやハーブティーで、リラックス作用がある物をチョイスして楽しみましょう。

・音楽を聴く
睡眠導入のためのリラックス音楽などオススメです。

・瞑想
瞑想が不眠症に効果的である事は厚生労働省でも認められています。

⑤それでもダメなら睡眠薬を

それでもダメなら睡眠薬を
色々試して、それでもダメなら睡眠薬に頼るのも手段の一つとして考えましょう。

睡眠薬=コワイというイメージを持つ人も少なくないですが、現在の睡眠薬は昔の物と比べて安全面が改良されています。

睡眠薬は通販サイトで購入も可能です。最近ではネットを介して薬を買う人も増えていて、病院へなんとなく行きづらい人や、通院に手間を感じる人が利用しています。

不眠症は体や心の様々な病気のリスクが高まるため、放置してはいけません。
睡眠薬を上手に頼りながら不眠を解消し、心身の健康を目指しましょう。

投稿日:

Copyright© 不眠症を治したいあなたに睡眠薬通販を知ってほしい , 2019 All Rights Reserved.