睡眠薬の飲み方の正解と間違い

ノートとペンとマルとバツ
睡眠薬を服用するとき、市販の風邪薬や鎮痛剤のように食後が良いと思っている人はどれだけいるでしょうか。

飲み方が誤っていれば十分な効果が得られないうえに、強い副作用を引き起こす危険性があります。

さらには依存性を高めることにもつながってしまうので、睡眠薬の飲み方を知って正しい方法で服用しましょう。

睡眠薬は就寝前の服用がベスト

風邪薬などとは違って、就寝前に飲むことで高い効果を得られます。

多く利用される超短時間作用型の睡眠薬であれば、就寝30分~1時間前に服用していつでも寝られる状態にしましょう。

そうすることで効果のピークを迎えたときには、自然な眠気を引き起こして眠りにつけるようになります。

作用時間が異なるタイプの睡眠薬である、短時間作用型の場合は就寝30分~1時間前・中間作用型の場合は就寝1~3時間前・長時間作用型の場合は就寝3~5時間前の服用を心がけることで、より高い効果を得やすくなるといえるのです。

あまり早く飲み過ぎて、効果のピークを迎えるときに入浴など何かしら動いていると、せっかくの眠気をとばしてしまう可能性があるので、服用後はベッドに入って安静にすることも大切といえます。

自身が選ぶ睡眠薬がどのタイプに分類されるか確認し、飲むタイミングを守りましょう。

服用量は成分によって定められている

薬の瓶と水の前で白い錠剤を手のひらにのせている
睡眠薬で有名なルネスタの有効成分はエスゾピクロンであり、基本的な飲み方は1日1錠を就寝前に水またはぬるま湯で服用する方法です。

エスゾピクロンは2mgと3mgの成分量で販売されていることが多く、1回の服用は1~3mgで最大摂取量が3mgとなっています。

また食事の影響を受けやすい成分でもあるので、食後1時間以上経過してから服用することがおすすめです。

ほかゾピクロン1回の服用は3.75mg~10mgで最大摂取量が10mgとなっています。

このように有効成分によって、1回分の摂取量はもちろん1日の最大摂取量も異なるので、服用前に確認してください。

睡眠薬の服用が長期化しないようにする

睡眠薬のイメージに多い「依存症」は、服用期間が長期化している場合に起こりやすいといえます。

依存症を避けるためにも、睡眠薬を飲むときは本来「頓服」といって症状が出たときだけ服用することが良いのです。

症状が酷くない場合には、2週間程度で服用を止められるよう量を徐々に減らすなど調整しましょう。

しかし長い間睡眠障害で悩んでいる方は簡単に症状が改善される、さらに長期化する際は服用量や服用をやめるときの減薬には十分に注意してください。

睡眠薬を服用するときカフェインやニコチンは避ける

コーヒーとタバコのモノクロ写真
そしてアルコールほどではありませんが、カフェインや煙草のニコチンは睡眠薬の効果を弱くしたり、副作用を強める可能性があります。

脳にとって刺激物となる成分であり、睡眠薬によって促される眠気を妨げる原因のひとつになってしまうのです。

睡眠薬服用の前後1~2時間は、コーヒーやお茶・ドリンク剤・チョコレートなどによるカフェイン摂取・喫煙を控えましょう。

カフェインやニコチンは避けることで、睡眠薬がもつ高い効果を得やすくなります。

効果を最大限に得るために正しい飲み方を知る

不眠症の改善に睡眠薬は高い効果を発揮してくれますが、ただ飲むだけで良いわけではありません。

効果を最大限に得たい場合は、早く飲み過ぎたり逆に遅くなることがないようにベストなタイミングを知っておく必要があります。

効くのが遅くて結局寝不足になったり、翌朝まで作用が残って仕事が辛いなんてことが起こらないためにも、睡眠薬の正しい飲み方を確認しましょう。

服用量は抑えたうえで高い効果を得られることが、より依存性や副作用を抑えることにもつながるので自身に適した量を正しい方法で服用してください。

更新日:

Copyright© 不眠症を治したいあなたに睡眠薬通販を知ってほしい , 2019 All Rights Reserved.