ドリエルは睡眠薬じゃない?睡眠改善薬という分類を知ろう

手軽に買える睡眠薬としてまず思い浮かぶのはドリエル、という人は多いのではないでしょうか?

ドラッグストアに行けば誰でも購入できて、睡眠薬=危険な薬というイメージからはかけ離れた身近な商品です。

「なんだか眠れない日が続いている」という時に気軽に試せる薬ですが、どのくらい効くのかが重要なポイント。

すぐに眠れるのか?
副作用はないのか?

知っているようで知らないドリエルの働きについて、詳しくみていきましょう。

市販薬は睡眠薬ではありません

ドリエルは睡眠改善薬
ドリエルは処方薬とは違い、自分で選んで買える市販薬です。
一般用医薬品、OTC(Over The Counter)医薬品とも呼ばれていて、より広い症状にアプローチできるよう作られているのが特徴。

厳密には、睡眠薬=処方薬。
市販薬は睡眠薬ではなく、睡眠改善薬に分類されています。

睡眠薬=不眠症の治療に用いる
睡眠改善薬=一時的な不眠の解消に用いる

医師の処方がなくても購入できる睡眠改善薬は、副作用が抑えられていて多くの人が安全に使えます
誰でも気軽に服用できる半面、効果の感じ方には大きな個人差が。
すんなりと眠れたという人がいれば、あまり変化を感じられなかったというケースもあります。

ドリエルは睡眠改善薬

市販薬であるドリエルは睡眠改善薬。
一時的な不眠症状を改善するための商品で、飲めばすぐに眠れるといった強い作用はありません。

主成分のジフェンヒドラミン塩酸塩は、鼻炎薬や風邪薬にも含まれている成分。
眠れない=脳が覚醒する要因のひとつヒスタミンの働きがあります。

ヒスタミンは化学伝達物質で、脳内にあるヒスタミン受容体と結合すると脳が興奮・覚醒状態に。ジフェンヒドラミン塩酸塩にはヒスタミンを抑える作用があり、脳が活性化するのを防ぎます。

風邪薬や鼻炎薬では副作用として扱われる眠くなりやすいという作用を、入眠効果として活用しているのがドリエルなのです。

ドリエルに副作用はある?

ドリエルで報告されている服作用は以下の通り。

【消化器系の症状】
食欲不振、吐き気、嘔吐
【皮膚症状】
発疹、発赤、かゆみ

起床時にダルさを引きずっていたり日中に眠気を感じたりするのも、副作用の症状。
ドリエルは服用後30~60分ほどで効き始めて約7時間に渡って作用が続くため、服用タイミングによっては翌日に引きずりやすくなってしまいます。

もし夜中に起きてしまったとしても、再度寝つくために追加で服用するのはNG。
また寝酒の習慣がある人は、ドリエルを服用した日の飲酒は控えてください。
薬やアルコールによる過剰摂取で身体に負担をかけないためにも、用法・用量はかならず守りましょう。

ドリエルの購入方法は?

ドリエルはマツキヨやウェルシアといったドラッグストアで買えるほか、楽天やAmazonなどのECサイトでも購入可能です。

一般用医薬品のインターネット販売は認められていて、睡眠改善薬も通販OK。
ドリエル以外にもウット、リポスミンという商品や睡眠に役立つサプリメントなども揃っています。

楽天で買える?海外通販?

アメリカではドリエルのジェネリック医薬品が作られていて、日本で買えるドリエルよりも大幅にリーズナブル。

日本のドリエル ドリエル・ジェネリック
12錠入り 600錠入り
1,500円 4,490円

さすがアメリカ製だけあってかなりの大容量ですが、コスパのよさは一目瞭然。

ドリエルが自分に合っている
ときどき寝つきが悪くなることがある
薬にかける費用を抑えたい

ドリエル・ジェネリックは日本で販売されていないため、興味がある人は海外医薬品を専門に扱う通販サイトをチェックしてみてください。

更新日:

Copyright© 不眠症を治したいあなたに睡眠薬通販を知ってほしい , 2019 All Rights Reserved.