ロゼレムジェネリックは依存や副作用リスクが低い睡眠薬!

不眠症の症状が続くと日中活動に支障がでたり、心身の健康に悪影響を及ぼしてしまいます。不眠症の解消に使用されるのが睡眠薬。
「睡眠薬の依存性や副作用が心配・・」
こういった理由からなかなか一歩を踏み出せない人もいるのではないでしょうか?

そんな人にオススメしたいのがロゼレムジェネリックです。
ロゼレムは従来の睡眠薬よりも依存や副作用のリスクが無く、睡眠薬に対して不安感がある方でも安心して使用できるため人気のある睡眠薬となっています。

ロゼレムジェネリックってどんな薬?

ロゼレムジェネリックってどんな薬?

ロゼレムジェネリックは先発薬の「ロゼレム」と同じラメルテオンを有効成分に持つ睡眠薬です。

夜寝つきが悪い入眠障害の症状に有効で、2010年に日本で認可されています。
ロゼレムジェネリックは「メラトニン受容体作動薬」と呼ばれ、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促します。

これまでの睡眠薬は、脳内の抑制系神経伝達物質の働きを促進させ脳の興奮を抑える事で不安や緊張を緩和し、心身のリラックスにより眠気を起こさせていました。脳神経に直接働きかけるので、それに伴い副作用や依存リスクも。
メラトニン受動作動薬(ロゼレムジェネリック)は普段分泌されるホルモンの働きを利用するため、安全性において高いのが特徴です。
直接的な睡眠作用はありませんが、睡眠のリズムを取り戻させ自然な眠りを誘う働きがあります。

ロゼレムジェネリックのメリット

この睡眠薬のメリットとして挙げられるが、副作用や依存リスクがほとんどない事です。
今現在主流の睡眠薬は昔の睡眠薬に比べて安全面が向上していますが、筋弛緩作用によるふらつきや健忘などが副作用として挙げられます。また長期的な服用は依存に繋がり、薬を飲んでも眠れなくなる、摂取量が増える、いざ薬をやめようと思ってもやめられないといった状況にもなりえます。

ロゼレムジェネリックは人間が本来備えているメラトニンの分泌を促し、睡眠リズムを取り戻させる事で不眠を改善させるため、こういった副作用や依存リスクはありません。

ロゼレムジェネリックのデメリット

ロゼレムジェネリックの睡眠作用は自然に近いものであるため、睡眠に対する効果にはややムラがあります。
軽度の不眠症に対して有効ですが、重度の不眠症、うつ病などの精神疾患をともなう場合は適さない可能性もあるでしょう。

ロゼレムジェネリックの効果的な服用方法

ロゼレムジェネリックの効果的な服用方法

ロゼレムジェネリックは1日1回1錠(8mg)を就寝前に、水又はぬるま湯で服用します。
寝つきが悪いからと言って、8mgをこえての摂取はしてはいけません。
途中で起き、仕事などなにか作業する予定などがある時は服用を避けてください。

食事中、あるいは食後に服用すると、空腹時に比べて薬の血中濃度が低下してしまうため、効果が弱まる事があります。睡眠効果を充分に発揮するためには、胃の中に何も入っていない状態が望ましいでしょう。

ロゼレムジェネリックは通販で購入できます

自然に近い眠りを誘い、副作用や依存のリスクも低いロゼレムジェネリック。安全性の高さから今とても注目されている睡眠薬でもあります。

ロゼレムジェネリックは海外製の医薬品であるため、海外医薬品専門の個人輸入代行サイトから通販で購入が可能です。

通販に関して詳しくはコチラ

海外製の医薬品は医師の処方なく購入することが厚生労働省でも認められています。
初めて睡眠薬を試すという方にピッタリのロゼレムジェネリックで、辛い不眠症の症状を解消していきましょう。

更新日:

Copyright© 不眠症を治したいあなたに睡眠薬通販を知ってほしい , 2019 All Rights Reserved.